読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

机上の空論

少年サッカーで悩んでいるパパコーチにアドバイスしてみるよ。

コーナーキックのセオリー

こんにちは、シャベル ド クーロンです。

今回はコーナーキックについて考えてみるよ。

コーナーキック、4年生以上になってくるとキック力もついて軽々とファーまで飛ばせるようになってきたりして、コーナーキックから得点っていうことも増えてくると思うんだ。そんなコーナーキック、漠然と蹴らないでチームで決め事をして蹴ると得点が増えるかもしれないよ。

それじゃ、説明していくね。

いちおう前提として「ファーまで高いボールにを飛ばせる」っていうことにするからね。この前提が成り立っていなかったら、まずはファーまで飛ばせるようにしてね。

コーナーキック、プロの試合とかで「キーパーから逃げるボールになります」とか「ゴールに向かうボールになります」っていう実況を聞くよね。これ、少年サッカーでも一緒なんだよ。プロみたいにギュイーンって曲がらないけど多少は曲がるからね。この曲がるボールに対してどういうポジションを取れば効果的かっていうのを考えるのね。

まずは右コーナーを右利きが蹴る場合、いわゆるマイナス方向のキックだね。この場合はマイナスに飛ぶ軌道に沿ってポジショニングするといいんだよ。こうすることで最初の人がボールに触れなくてもその後ろの人が飛び込めるよね。2番目の人が届かなくても3人目が飛び込みやすいよね。フラットで1列に並んでいるとこういう飛び込み方が出来なくなるから、「ボールが飛ぶ軌道に沿ってポジショニングする」っていうのが基本になってくるんだよ。

f:id:shovel-de-coulomb:20161210221547p:plain

次に右コーナーを左利きが蹴る場合。もうわかってるよね?今度はプラス方向に飛ぶ軌道に沿ってポジショニングするんだよ。こういうポジショニングをすれば飛び込みやすくなって得点出来る確率が結構上がると思うよ。当然、左コーナーも同じセオリーになるからね。

f:id:shovel-de-coulomb:20161210221628p:plain

最後にコーナーキックの時のキーパーのポジショニングのことを伝えておくよ。コーナーキックの時のキーパーポジション、低学年の時の意識が残っているのかどうかはわからないけどニアポストに張り付いている光景を良く見るんだよね。これだとファーに飛ばされたらガラ空きのゴールにボールが吸い込まれちゃうよね。こうならないためにもキーパーはゴールの真ん中にポジショニングするように教えてあげてね。真ん中にポジショニングすればニアにもファーにも対応できるからね。

f:id:shovel-de-coulomb:20161210221650p:plain

なかなかうまくいかなくて悩んでるパパコーチのみんな、とりあえず試してみてよ。机上の空論だけど試してみようと思ったら下のボタンクリックしてね。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

僕の机上の空論がうまくいったとかトレーニングの仕方がわからなくて困ったりしていたら連絡ちょうだいね。メッセージ待ってるよ!

coulomb.hateblo.jp