読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

机上の空論

少年サッカーで悩んでいるパパコーチにアドバイスしてみるよ。

頭の良い子にはサイドバックをやらせてみよう

こんにちは、シャベル ド クーロンです。

今回はサイドバックについて説明してみるよ。現代サッカーで重要だと言われるサイドバックだけど、少年サッカーにおいても大人のサッカーと変わらず重要なポジションだよ。

普通のチームだと、足が速かったりボールの扱いが上手かったりする選手から前に置いていって、体の大きな選手をCBに置いて、SBは残った選手を置くっていう感じで安易に決めていることがあったりしないかな?こういう配置の仕方でも別にいいんだけどさ、実はSBっていうのは頭が良くないとこなせないポジションなんだ。で、頭の良い選手がSBをやるとチーム全体に連動性が生まれて素晴らしいサッカーができるようになる可能性があるんだよ。だからSBはちょっとくらい能力が劣っていてもサッカーへの理解力が高い選手を置くっていうのがお勧めだよ。

それじゃ、具体的なSBの役割を説明するよ。

SBは攻撃も守備もしなくちゃいけないポジションだよ。この攻守の切り替えをきちんと理解して行動に移せなきゃいけない。CBに合わせてラインを上げなきゃいけないから常にCBを意識する必要があるし、守備時はCBのラインを気にしながらドリブル突破をさせないように体を張る必要もある。とにかく忙しいポジションなんだよ。

f:id:shovel-de-coulomb:20161201165606p:plain

ここでSB特有の動きを説明するよ。いわゆる「つるべの動き」って呼ばれるやつなんだけど、SBがボールを保持したら逆のSBは1列あがるようにするのね。それに伴ってSHもFWと同じ位置まで上がるんだよ。これは、SBからSBにパスを出すというのはゴール前を横切るから、インターセプトされれば即大ピンチになるっていう絶対にありえないプレイなのね(これはまた今度説明するよ)。そういうセオリーに照らし合わせれば逆のSBが自陣の深い位置にいるより上がった方が攻撃に枚数を掛けられるし、相手のラインを押し下げることができるからお得感があるよね。相手のラインを押し下げれば得点のチャンスが増えるよね。これがつるべの動きの基本的な考え方だよ。

f:id:shovel-de-coulomb:20161201165632p:plain

この時、とても大事なことがひとつあるよ。ボールを保持したSBは絶対にボールを奪われちゃいけないってこと。相手チームによってはFWやSHが物凄い勢いでボールを奪いにくるからね。そこで冷静にボールを奪われないようにパスを回したりドリブルでかわす技術が必要になってくるよ。猛烈にアタックしてきた場合、パスやドリブルででかわすことができればこっちのチャンスにできるからね。それが狙いだからパスやドリブルとかの足下の技術は必要だよ。サイドバックにどういう選手を配置すればいいか解ってくれたかな?

f:id:shovel-de-coulomb:20161201165728p:plain

次に守備時の動き方を説明するよ。

SBの守備は2つあって、1つは相手SHのドリブル突破を許さないこと。いわゆる対人守備ってやつで守備の個人戦術が必要になってくる(守備の個人戦術についてはまた今度説明するよ)。もう1つは、「絞り」とか「スライド」って呼ばれる動きね。これはSB特有の動きになるからきちんと教えてあげる必要があるよ。

守備の個人戦術は別の機会にやるとして、絞り・スライドがどういうものかっていうと、一方のSBが攻撃参加で上がって行った時に逆のSBが取る行動なのね。いくら得点が欲しいからってSBが両方上がっちゃたら守備がCB一人になってボール奪われたら大ピンチだよね。この大ピンチにならないように予め準備しておくのが絞り・スライドだよ。

具体的にどうやるかっていうと、片方のSBが上がったらCBとSB2人でゴール前を固めるようなポジションを取るようにするのね。こうしておけば快速FWが抜け出そうとしても2人でブロックできるよ。上がったSBが戻ってきたら元の3バックに戻してラインを整える。この繰り返しね。CB一枚じゃ心許ないけどCBとSB二枚いればとりあえず中央は突破されないよね。この中央を塞ぐというのがとても大事なことなんだよ。

f:id:shovel-de-coulomb:20161201165759p:plain

ただ、これだと相手SHにサイドを突破されたときピンチになっちゃうんだけど、これは基本放置で大丈夫。とはいえ放置はさすがにやりすぎだからCBとの距離感(CBと離れすぎない)を大事にしながら、軽くプレスに行けばいい。ここでサイドを突破されても中央をきっちり塞いでおけば簡単にゴールは割られないからね。時間を稼いで上がったSBが戻ってくるのを待ってからゆっくりラインを整えればいい(そもそも味方SHが相手SHに抜かれちゃいけないんだけど)。

こんな風にSBっていうのは攻守において常に状況を確認しながら状況に応じて動きを変えなきゃいけないポジションなんだ。能力の劣る選手をとりあえず置いておくっていうのは勿体ないよ。

なかなかうまくいかなくて悩んでるパパコーチのみんな、とりあえず試してみてよ。机上の空論だけど、試してみようと思ったら下のボタンクリックしてね。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

僕の机上の空論がうまくいったとか、トレーニングの仕方がわからなくて困ったりしていたら連絡ちょうだいね。メッセージ待ってるよ!

coulomb.hateblo.jp